商店街にあるこだわりの店ご紹介  

丹青堂

戎橋筋商店街
代表者 堀 博之
所在地 大阪市中央区難波1−6−12
TEL 0120−610−805
FAX 06−6211−0723
営業時間 10:00〜20:00
定休日 毎月第1・第3水曜日
Web http://www.tanseido.jp/
E-mail info@tanseido.jp

日本画画材、書道用品、和風小物など、「和」の風情漂う商品を取り扱う「丹青堂」。                                                                              「『丹青堂の「丹青」は「丹(タン)」が赤い、「青(セイ)」が青い』を指します。また、「丹青」は、音(タンセイ)が同じであると「丹精」に通じ、丹精をつくしてという意味も含んでいます。丹青堂は、老舗としての和の文化を大切にし、人に【丹=赤い】【青=青い】といった皆が憧れる色鮮やかで美しいモノを【丹精】尽くしてつなげる事により、憧れとゆとりを感じて頂ければと思っている。」と店名を説明する六代目店主の堀六人さん。

店を訪れるお客様は、一筆箋を買う若者から、高級な筆を求める書の専門家まで実にさまざまな人たち。「お礼状を書いたり、和風小物をプレゼントしたりするために店に立ち寄った人たちが、書や日本画、日本工芸に興味を抱くようにいろいろな商品を取り揃えています」。

こだわりの店からこだわりの逸品をご紹介します

 


和の文化を伝える3本柱
「良質な和の文化を世に伝えよう」と、日本画画材、書道用品、和風小物を3本柱を店舗テーマにしています。
                                     ● 日本画画材
同店には、日本画の岩絵具や顔料等が約2000種類も揃います。「関西でも指折りの品揃えだと自負しています。お手頃価格のものから専門家が好む本格的なものまで、あらゆる色、種類が手に入ります」。                                                ●書道用品
良質な毛であつらえた筆や、金粉をあしらった豪華な墨も種類豊富。また、書道の際に押す落款(らっかん)がオーダーできます。
                                 ●
和風小物                          和風小物のことを、和の趣きある品という意味を込めて同店では「和趣品(わしゅひん)」と呼んでいるそう。ちりめん織りの小銭入れや香袋、歌舞伎や浮世絵柄の文具品は、外国人にも大変人気があります。和風小物は一般的によく雑貨と言われますが、丹青堂では単なる雑貨ではなく、選び抜いた良い和の趣ある品ですので、和趣品と呼んでいます。                                                             
   
戻る目次次へ

©大阪府商店街振興組合連合会