商店街にあるこだわりの店ご紹介  

奥田鮮魚店

安立本通商店街
代表者 奥田 優
所在地 大阪市住之江区安立3−6−27
TEL 06−6671−5029
FAX
営業時間 平日9:30〜17:30 土曜19:30〜23:00
定休日 木曜、日祝
Web
E-mail

「ピチピチ!」という音が聞こえてきそうな鮮魚が並ぶ、奥田鮮魚店。創業は昭和20年、ニ代目の奥田優さんが、近海の良質な鮮魚を毎日、大阪木津卸売市場で仕入れています。奥田さんのこだわりは、本マグロです。「キハダやメバチなど、もっとお手頃なマグロもたくさんありますが、自分の舌が納得しないものは売りたくないので……」という、徹底した“本マグロ主義”。                       近くの市場で鮮魚店を営んでいたご両親の後を継いで、奥田さんはデザイナーから転身して鮮魚店店主へ。もと祖父が営む陶器店だったこの場所にオープンしました。                       イワシのフライ(70〜80円)など、安くておいしい魚介の手づくり惣菜も好評です。よく見ると、看板に「いか焼き」の文字が。奥田鮮魚店の隠れた逸品が、刺身でもおいしいイカを使ったいか焼き(200円)なのです。                                        奥田さんは、安立本通商店街振興組合の理事長でもあり、商店街をもっと元気にするために日々奮闘しています。現在、住吉大社ゆかりの一寸法師を商店街のキャラクターにして、活性化のためのPRに取り組んでいます。一寸法師が刀代わりに持つ「針」と、かつて安立の名産品だった「針」が結び付いたんですね。

                                                                     

こだわりの店からこだわりの逸品をご紹介します


本マグロ 赤身900円、中トロ1,100円(各1人前)
これがこだわりの本マグロ! 寿司屋さんも買いに来る確かな品質です。午後の早いうちに売り切れてしまうので、買い物のときはいちばんはじめに奥田鮮魚店へ行くべし。                                     ●鮮魚屋さんのいか焼き 200円
良いイカが入ったので試しに始めてみたのがきっかけで、人気商品に。生地がふわふわで、何よりイカが絶品です。かなり大きいので、食べごたえも抜群。
                                     ●国産であることもこだわりのひとつ。和歌山など近海でとれる良質な鮮魚が並びます。ご主人おすすめの味噌づけは、甘鯛とサワラ。                                                             ●店舗奥には、趣味のジャズを楽しむスペース。土曜の晩は仲間が集まり、ジャズの夕べが始まります。奥田さんは、ここを誰でも気軽に入れるオープンな場所にしています。さ、いか焼きでも食べながら、どうですか?                                             
   
戻る目次次へ

©大阪府商店街振興組合連合会