商店街にあるこだわりの店ご紹介  

紳士帽専門 ニューベロア堂

動物園前一番街
飛田本通商店街
代表者 古川昌弘
所在地 〒557-0002
大阪市西成区山王 1−15−11
TEL 06-6632-3515
FAX 06-6632-3515
営業時間 10:00〜19:30
定休日 火曜日
Web
E-mail

「紳士専門帽子」レトロな帽子も揃っています。紳士用の帽子専門店です。 特に、ハット類は、輸入品から国産まで取り揃えています。

なぜ、ニューベロア堂には、紳士用のハットが多いのか? また、輸入品のHATを沢山置いているのか、よく質問されます。 それは、昔からの品揃えで、紳士のお客様が多かったからです。 元々、飛田本通商店街は、大阪は、戎橋から飛田の遊郭へ向かう道筋に当たります。 このあたりは、遊郭を含めて戦災にあっていません。 戦前からの古いお家が沢山残されているのです。 鯛よし「百番」は、今も有名な料亭として営業中で、 文化財にも指定されています。この道筋の奥にあります。 えびす神社からジャンジャン町を経て、飛田新地へ向かう道筋は、ことのほか有名です。 三味線をジャンジャン鳴らして客引きをしたことからジャンジャン町と言われるようになった話は、 かの有名な、林芙美子の小説です。(ジャンジャン町=地元では横丁とは言わない) 船場の若旦那が、遊んでかえる道筋だったのです。 当時の帽子屋には、紳士が集まり、ダンディーぶり競ったのでした。

こうして、今では、場違いかと思うくらい、良い帽子が揃っているのです。 ニューベロア堂では、あふれる商品、「頭にいただくは、お気に入りの帽子」 帽子が好きな人は、いくつも持って楽しまれます。 薄い頭毛を隠すのと違いますぞ! 紳士のたしなみ=男のファッションです。

例年、梅雨が明けると帽子は爆発的に売れるようになります。 冬場の防寒用と比べて夏場の日よけは、よう売れます。 春・秋に帽子着る人は、おしゃれで着ます。 センスが、いるんでよう被らない・・そんな気弱な男と違う。 さすがに、HAT愛好家ですなぁ。

ベロアハット、シルクハット、ダービーハット、ミルキー、 丸型シルクハット(チャップリン仕様)ツマミ帽、ソフト中折れ帽、 ソフト、カウボーイハット、ウエスタンハット、テンガロイ、 チロリアン、アルペン、サファリ、 ハンチング、キャスケット、キャップ、 輸入品も揃えています。 紳士用帽子のことなら、ニューベロア堂へ






こだわりの店からこだわりの逸品をご紹介します

ベロアハット
 うさぎの毛から作るベロア生地で、フェルトよりも柔らかい、 形しっかり、肌触りソフトの優れものです。 最近、街から帽子屋さんが、無くなってきました。 とりわけ、紳士ものが少ない。 ここでは、紳士ものが山と積んであんで、 遠方から気に入りの帽子を探しに来られます。 希少価値でしょうかね。
   
戻る目次次へ

©大阪府商店街振興組合連合会