商店街にあるこだわりの店ご紹介  

和牛の末広

生野銀座商店街
代表者 店主 松下春義
所在地 〒544-0023 大阪市生野区林寺3丁目3−6
TEL 06-6712-1129
FAX 06-6712-1129
営業時間 10:00〜20:00
定休日 月曜日
Web
E-mail

味のいい肉を、安心して食べて欲しい!                  そして、商売は楽しくさせてもらなぁーあきまへん。
  大阪では、もう2,3軒しかないようですが、牛の仕入れ:一頭買うてきます。   それを捌いて、切り分けます。ここが職人の腕の見せ所。(うちでは、この捌きの技術の伝承教育に力をいれていますし、賞とった技術者もいてます)  
       当店の和牛は、生産者の顔が見える生産者証明と検査結果通知書付きです。1)「生産履歴証明書」付き:(当農場において飼育した上記の出荷牛は、省令で禁止されている飼料(肉骨粉など)一切給飼していません)2)検査結果通知書:県食肉衛生検査所:下記の獣医畜において、牛海綿状脳症(BSE)のスクリーニング検査を実施しましたが、検査の結果陰性であったことを通知します。 
  こんな検査結果と現物の牛一頭!!そして、それには必ず、内臓が一つ付けてある。これは、検査合格間違いなしの証拠として、後でも分かるようにしたしてあるのです。(写真:参考)            

 ☆「年末のこだわり」・年末の暮れには、予約は、受付けません。皆さん、並んでもらいます。忙しいのが分かるだけに、チャンスは、公平にしたいです。 

  レストランのオーナーシェフの方が、仕入れに来ると。包丁サバキを見ながら注文をつけていく、少し厚めにとか、大きな肉の切り目は、どう包丁を入れたらいいか、質問しながら、お目当ての「おいしい肉」をその場でそろえていく。お店へ出したら、最高の肉料理が直ぐにつくれる。ここでシェフの調理基本部分の切り分けができているから。店では、料理の焼や味付けに専念できると!!直接店内に乗り込んで来られますので、私どもも、お応えしようと必死です。  

私的活動で恐縮ですが、地域の人々に感謝・感謝!!

私は、沖縄の出身です。この店と私どもを育ててくれたのは、生野のこの地域の人々です。有難いことです。この感謝の気持ちを形に表そうと始めたのが、「敬老の日・黒糖プレゼント」です。

メッセージ:第18回敬老の日プレゼント:

敬老の日(70歳以上) おめでとうございます。沖縄・黒糖をお召上りください。楽しい毎日をお過ごしくださいませ。平成16年9月20日 和牛の末広・松下春義




こだわりの店からこだわりの逸品をご紹介します



黒毛和牛

味のえぇ肉食べて!!えぇ肉・安心の肉の努力は、こんなところにありますのや!!

手間掛けて育てた黒毛和牛、それを「丸一頭セリ」で買うてきて、「職人技」でサバキます。

ぼたん盛(普通:5,000.-〜6,000.-大10,000.-), 骨付き和牛,が、お勧め!!

天井から吊るした肉を店頭で見れる正真正銘の肉屋が、この「和牛の末広」です。お客様が買って帰ってからも、長持ちする。1週間や10日大丈夫です。味がよく、日持ちがするのです。

レストラン、ステーキハウスのご用達・肉についての情報センターになっています。お肉の部位の使い方、調理法、切り目の入れ方。調理人の方々の要望を聞くうちに肉料理のノウハウ・情報が、一杯たまってます。

お肉のことなら何でも聞いて、ちょうだい。自家製オリジナルの「焼豚」なんかも、いけますよ!

   
戻る目次次へ

©大阪府商店街振興組合連合会