商店街にあるこだわりの店ご紹介  

お茶 (株)山口園

黒門市場商店街
代表者 山口 政男
所在地 〒542-0073
大阪市中央区日本橋2丁目 11-7
TEL 06-6641-3420
FAX 06-6641-1172
営業時間 9:00〜18:00
定休日 日曜日
Web http://www.kuromon.com/yamaguchi/
E-mail cuaeg208@occn.zaq.ne.jp

 創業昭和12年 黒門市場出店は、昭和23年。「お茶」その味一筋、守り育てて67年!800年の歴史を誇る緑茶発祥の地は、「山城宇治」。土壌は肥沃で、朝日の当たる温暖な気候。お茶にとって最も恵まれた環境の中で育ちます。山城宇治のお茶を中心に、香り高い産地の茶を求めつづけています。どこの産地の出来がいいか、毎年、気になるところです。

 なぜ「山口園のお茶」がおいしいかと申しますと、第一に回転です。おかげ様で、黒門市場でお店を構えますと、沢山のお客様がお見えになります。昔から、食い倒れの街・大阪です。皆さん口がよう肥えておられます。おいしないと売れません。私らお客さんに、買って貰おうと必死です。新茶はおいしいに決まってますが、いつまでも「去年の新茶」があったら、ややこしくなります。

 幸い、京都・山城宇治田原地方を中心に、宇治茶の産地にネットワークが、ありますので、産直と同じように、お客様にお渡しできます。特に、和束のお茶は、評判がよろしいようです。

第二に自家包装による鮮度保持です。真空包装されてきた10キロの梱包を100gや200gの包装にします。当店の工夫した真空パック機を使っています。こうして、お客様の所まで鮮度を落とさない工夫をしているのです。

第三は、あなたさんの「お茶の入れ方」です。茶葉によって、香りと風味のよく出せる温度があります。これを、うまくつかまえることです。ちょっとした温度加減!!かげん・加減の勘所。これが大切です。









こだわりの店からこだわりの逸品をご紹介します

浪花銘茶「黒門」 100g ¥1,050.-
浪花銘茶・黒門
 浪花銘茶「黒門」は、当店オリジナルブランドの「銘茶」です。さわやかな味と香りが特徴の風味をお楽しみください。

全国の茶葉の中から選んで、大阪は、浪花の当市場「黒門」に因んで命名しました。浪花銘茶「黒門」は、当店自慢の銘茶ブランドです。特に、名高い山城宇治の中でも銘茶と言われる「和束茶」を中心に仕立てました。

☆「黒門市場の賑い」今に伝える!
 大阪は、江戸時代は、大坂。徳川の直轄地でした。この大坂に入るには、3つの黒門があり、このうち南に位置するところに、今の「黒門」がありました。堺の商人達が、良い商いをしようとこの門をくぐりました。黒門の周辺には、自然と市が立ったのでした。門を入れてくれなかった産品や帰りの売れ残りの商品が、投売りされ、それは、それは、賑わったものです。そして、人々はここを「黒門市場」と呼んだのでした。
   
戻る目次次へ

©大阪府商店街振興組合連合会