大阪の商店街  

商店街名 駒川駅前商店街振興組合
通称・愛称 ラブリーモールコマガワ
所在地 546-0043
大阪市東住吉区駒川3−30−9
TEL
FAX
WEB
EMAIL
紹介文  当組合は戦後の復興期の昭和28年4月に〔駒六商店会〕として産声をあげ、今年で50年になります。

当時は南海平野線駒川駅から市バスの駒六停留所までの鍵型の商店街で、戦災で焼け出された人々が東住吉区の新興住宅街に移って来られ、大家族のうえ住宅不足、物不足の時代でした。

商店街と言っても裸電球を針金で道路の中央にぶらさげた状態で50程の店があり業種も一応平均的に揃っていましたが、府道・柴谷平野線も駒六バス停までしかできていなく駒川商店街の延長のようでした。

平野線の駒川駅も通勤通学の最寄り駅として乗客も多く又平野方面からの買物客でもにぎわい、昭和35年頃には水銀灯も立ち活気を呈しました。

その後府道・柴谷平野線の拡張、阪神高速大阪松原線の工事、駒川中野駅の設置により南海平野線の廃止等の変遷があり、商業立地的にも浮き沈みはあったものの、アーチ・水銀灯・カラー舗装など基盤整備も完成し、愛称〔ラブリーモールコマガワ〕と命名して平成9年6月に振興組合を設立し現在に至っています。

毎月、第一日曜日には、地域のふれ合いの場としてにぎわい創設の為フリーマーケットやイベントにも力を入れ、商店街のイメージアップにも努力中です。
   

©大阪府商店街振興組合連合会